【即効力抜群】定期テストの攻略法PART1

6月に入り、学校の定期テストが近づいてきました。試験はは進んでいますか?

直前に慌てて準備をしていては、結果は期待できません。

内心焦ってはいても、になかなか行動できない原因は、ズバリ何をやれば良いのか本当の意味で分かっていないからです。

そこで今日は

「定期テストの勉強のやり方」

をお話します。

試験の目標はどうやって決めればいいの?

1.目標の決め方 〜 真剣に考えれば、全教科が同じ目標点になる筈はない!

①合計点を決める
②得意な科目から、順番に3科目の目標点を決める

③合計目標点から②で決めた3科目の合計点を引く

④引き算後の点数が、残りに2科目の目標点になので、それを配分する

⑤もし、苦手科目の目標点が高くなってしまったら、得意科目の目標点をUPさせて調整する

ポイントは単なる数字にならないように得点を設定すること

学校や塾の先生、お父さん・お母さんに相談しても構いません。

自分が試験勉強に真剣に取り組めるようにする為に目標点を決めている

ことに焦点を当てましょう

提出物を終わらせる、いい方法はあるの?

2.提出物を終わらせ方

①1科目に集中しない

②苦手科目は、飛ばしながらで良いので、解けるページから始め、提出範囲をチェックする

③得意科目でも、時間がかかりそうな問題はしるしをつけて飛ばす

④一度提出範囲の最後のページまで進んだら、最初のページに戻り、飛ばした部分に取り組む

⑤数学以外で分からない問題は答えを見ながら解いていく(数学は答えを写しても無意味です)

⑥各科目の目標点と提出物の出来具合を比べて、まだ足りない場合、頑張れば解けそうな問題を選択し、進める

⑦テスト実施日より、1週間前に終わらせる

効率の良い学習時間はありますか?

3.学習時間

①テスト時間に合わせ、1ターン「50分+10分休憩」で最低3ターンやる

②目の前に時計を置き、アラームをセット。常に時間を意識して勉強に取り組む

③時間になったら、問題の途中でも潔くやめる

④同じ科目を続けてやらない

time2
暗記が苦手です!

4.暗記法 〜 脳のシステム

人間の記憶は、暗記した内容の約75%を1日で忘れる仕組みになっています。ですから、2日前に覚えたことを忘れてしまったとしても、落ち込む必要はありません。むしろ普通のことなのです。

だからこそ、暗記方法が重要になります。効率的な暗記法を知り、実行してみて下さい。

①書く作業は「覚える為」ではなく、覚えたことを「正確にアウトプットする」ためにやっていることを意識する。また、書く際は出来るだけ早く書いくことがポイント

②暗記と問題演習を交互に行う。覚えてから問題を解こうとする人が意外に多いが、問題演習をせずにテスト問題を解くことは難しいので、暗記と問題演習をミックスします。

<やり方>

試験範囲の問題集を用意する(もちろん学校のワークなどでも可)
「暗記時間5分→問題演習5分→丸付けを間違いを確認」
このパターンで3ターン繰り返えす。約25-30分なので、50分で2単元の内容を暗記できます。

gutes3
③暗記は寝る前の1時間が勝負。

寝る前に映画やテレビを見て、その登場人物が夢に出てきた、なんてけいけんはありませんか?脳には、寝る直前に触れた内容を夢で反芻するシステムが備わっています。ですから、暗記科目は寝る前に学習すると効果が高いのです。

④数学は解けない問題で粘らない。粘り強く問題に挑戦することはとても大切なことだが、試験前は時間との勝負。3分考えて解けない問題はパスするのがベスト。また、暗記とは逆に、食事前の朝や夕方の時間に学習することが最も効果的。

⑤暗記したい内容を壁に貼る。
A4の用紙を縦4列・横8列に折り、表裏に問題と解答を書きます。例えば、「興味がある」「interesting」と表と裏に書き、セロテープで部屋の壁に貼っておく。朝起きた時や帰宅した時など、部屋に入った際にチェックし、もし覚えたと思ったらその紙を壁からはがし捨てる。科目は何でもいいのでランダムに壁が埋め尽くされるくらい、貼ってみましょう。

〈PART1終わり〉

ABOUTこの記事をかいた人

2000年以降、情報通信技術の急速な発達により、子どもたちの取り巻く状況は大きく変化しています。それに伴い、子どもの夢や目標、悩みなども20年前とは大きく様変わりしています。子どもたちの世界は、もはや大人の感覚では理解出来ない面が多く存在する世界になったと言えます。 それでも、教育を通じて得られる知識・思考力・分析力・コミュニケーション力などは社会を生きていく上で必要不可欠なものです。 更に大切なのは「どう生きていくか」という言わば「志」や「夢」を見つけることです。それは自分自身の価値やポテンシャルを見出すことでもあります。 チアフルの使命は、家庭教師の学習指導を通じて子どもたちの可能性を開いていくことです。子どもたちの未来を全力でサポートします。