【最強の指導法】中学英語PART1

「英語はどうやっても苦手だ・・・」ってお子さん必見の【最強の指導法】第一弾開幕!

英単語が苦手な人には、実はこんな共通点があった!

そのカラクリはというと・・・

なんと「アルファベット」の書き順に隠されていた!

今回は、アルファベットと英単語の関係を超基礎的なレベルから掘り下げ、説明していきたいと思います。

早速、見ていただきたいのがコチラのムービー。

まるで、実際に家庭教師の先生と勉強しているような臨場感とシチュエーションを味わいながら、楽しく学んでいきましょう!

おさらいトーク

やる気があるはずの男子
「open」って書きすぎて、手が腱鞘炎(けんしょうえん)になるとこだった…
チアちゃん(仮名)
すごいね〜!ちなみに何回書いたの?
やる気があるはずの男子
9.5回は書いた。
チアちゃん(仮名)
早くも挫折したのね。
〜【PART1】アルファベットと英単語〜

ABOUTこの記事をかいた人

1985年より学習塾の講師として、中小塾から大手塾まで常にトップ講師として30年間第一線で子供達の指導に携わってきた。 同時に、講師の研修・指導、テキストとカリキュラムの作成、校舎運営や会社の経営まで、様々な経験通じ高いスキルを身につけている。 2015年3月より、塾講師を卒業し「進路設計相談士」として、小中高生の学習指導はもちろんのこと、不登校生徒・学習不振・学習障害の子どもの指導など、既成の枠にとらわれない教育活動展開している。 また、保護者を対象にした、子育ての悩みや子供の進路設計を考える個別カウンセリングも実施。 尚、2001年からは、ベーシスト・アーティストとして音楽活動も行っており、この15年で参加アルバム9枚、自らのユニットLove music together 名義では4枚のCDリリースしている。 不登校の生徒たちが、ライブに参加して活動的になるというケースもある。